スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五感 

先日、内祝いで、BODY SHOP の スイートレモンホイップボディローション とか、
ピンクグレープフルーツ・ボディソープ などを、いただきました。
かわいかったので、しばらく飾ったのち、昨日あたりから使い始めまして思いついたことひとつ。

グレープフルーツやレモンといった柑橘系の香り。
ある一流の野球選手が、イメージトレーニングするときに使うと聞いたことがあります。
それほど、プラスのイメージが沸きやすいんでしょうね。

心とからだの アンテナと、香り(嗅覚)のアンテナが ぴたっと合ったとき、
心身に働く効果は最大限だと思います。

毎日の気分や、体調によって、求める香りが違うのはあたりまえ。
日によってはいい香りでも、それが毎日とは限らないし、その変化に気づくのも、
自分と向き合う1つの方法なんじゃないかな。

今日は安心しました。お風呂上り、はぁ~いい香りって瞬時にほぐれる時間があって。

味覚も、聴覚、嗅覚も飛びぬけて不快なことは、誰だって絶対気づくよね。
でも、自分を理解して、それに合ったケアや、心地よく五感に働きかけること・癒しを得るには、やっぱりちょっとだけ余裕が、私の場合は必要~

心身と、五感の波長みたいな?ものがあったとき、一番助かったのはやっぱり出産のとき。
嗅覚でラベンダーの香りが入ってきて、そしたら耳からオルゴールが聞こえてきて、
パニック状態から一気に本気モードになって、いい出産ができました。
先月、友達2人、どちらも3人目の出産でした。
お母さんは、人間の人生最大級 真剣に腹をくくって出産に望むんだと思います。(ワッフルはそう
だから、お母さんは、ふんばって子供を生んだ分、充分地に足着いてるんだよと思いたい

世の中のお母さん、数えればたくさんいるけど、
それにしたって、お母さんのすごさは計り知れないのさ

スポンサーサイト

二人目 の 出産 



二人目は、妊娠中、経過や体調はだいたいよかったのですが、どうしても逆子のままで・・・
でもでも、赤ちゃんにだって、本人なりの生まれてくるタイミングや、ペース?気持ち?があると思うのです。
帝王切開・・・・・・?
できれば、普通分娩を希望したところ、
安全な体勢・向きであること(うちの場合は、逆子でも、足でなく、おしりがはまってたみたい)
を確認してもらい、OKってことで、 


しかし当日、 先に破水
頭部分がはまってないから?とかなんとかで、陣痛の波に乗りにくく、分娩室でも陣痛促進剤
一人産んでるんだから~なんとかなるさ~的な甘い考えとは程遠く、やっぱり痛い

過呼吸になり~ 一緒に呼吸をとっててくれてた、なんだか立ち会った経験が浅い見習い的な人まで過呼吸になってて
痛みも半端なく、出産は進まないし、もぅパニック状態
みるに見かねて?助産師さんが、ラベンダーのスチームタオルを ふわって 顔にのせてくれたんです・・・
妊娠7ヶ月まで、平日主婦&子育てして、土日メインでアロマテラピーショップでお仕事していたワッフル・・・
ラベンダーの香りで我にかえりましたね。。。。。
もちろん、鎮静作用にすぐれたラベンダーの、リラックス効果も

そこで、少し落ち着いたのか、分娩室にオルゴールの曲が流れていたことに気がつきました
痛みでなくて、オルゴールに集中して、なんとかちゃんと呼吸できるようになり、無事赤ちゃんが産まれてくれました。
すぐ胸にのせてもらい、脱力やら、後産やらありつつ、この世に産まれてきてすぐから、生命力のまま、本能のままの赤ちゃんを抱いて、生きていて他のなににも代えられないひとときだと思います

助産師さん、普通分娩できたこと、出産直後の親子の時間を大切に過ごせたこと、
それから自分でも思いがけず分娩中のラベンダーのスチームタオル。
いろんなことに、ほんと感謝しています。



妊娠 出産 と lavender 

今日は、ラベンダーの続き・・・・・ワッフルの妊娠・出産とアロマテラピー のことを、ちょこっと

もう9年くらい前になりますが、一人目の子を出産したとき、それはそれは大変で
母乳をあげるのもうまく飲んでくれないし、寝てくれないし、おけば泣くからず~っと抱っこで、
着替えさせるのも、おむつも(一人目は布おむつでがんばっていた) とにかく赤ちゃんのお世話すべてが大変で・・・

妊娠中毒症(って今は言わないよね)で出産して、産後がほんとに辛く、体力もなかなか回復せず、しかも夏で夏バテ?? もう心身供に、精神的にも、肉体的にも限界で・・・・・・・なのにどうしても寝れない。。。

睡眠不足だし、すこしでも横になって休みたいのに、気ばっかりはって。。。。ここから助けてくれたのは、そのとき思いついたラベンダーの足湯でした
足湯の用意をして、ラベンダーが手元にあることくらい思い出す気力は、残っていたみたい・・・・

そしたら、赤ちゃんが寝ている間、起きるまで、短時間だったけど、すごく深~~く寝れて、
心身供、かなり回復し、そのときの私は、まだアロマテラピーの知識がなくて、香りは気休め程度に思っていたので、とりあえずなんだか救われた気分で、今思えば、あの時ラベンダーが手元にあってよかったなぁ とすごく思っています
絵本Image278





skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 ワッフルさんちの庭 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。