スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティーク 

アンティーク着物の本を読んでいたら、時代の着物がくさん。

大正末から昭和初期の夏の着物だそう。
昭和初期の熱帯魚ブーム(ってことがあったらしい)で染められた柄などもあり、
大胆 ビビットな色遣いと柄行 ほんとそのとおり!!!


0206-2.jpg

これは色おとなしめなか感じだけど、この柄!
まじめに色留袖だって。

袴のはじまりや、大正昭和初期の女学校の少女文化
歴史にはまったくもって弱いですが・・・・
時代ごと、その時代に作られていたわけ・・・なんかもあって、
バブルにボディコン みたいなノリで、着物と時代は切り離せないんだな~っ

小学校のとき、宿題で、おばあちゃんになんか聞いて来い的な宿題。
その時、紙に書いてもらったような言葉が、本にでてきて、
おばあちゃんはアンティーク着物ができた時代に生きてた人なんだなあ~
もうずいぶんまえに亡くなっちゃったけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shop2007andflow.blog13.fc2.com/tb.php/303-74ff3d77

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 ワッフルさんちの庭 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。