スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶かし絵 

年明け三月も半ば過ぎ、久しぶりに、
新城のアトリエチャイルドスペースに行きました。
天気もよくて、暖かかったし、風は強めだったけど、春の風です。

蜜蝋(みつろう)くれよんを溶かして、筆にとり、
溶かし絵 というのを、しました。
三原色の絵 から始まり、緑・オレンジ・みつろうの白っぽい色 の絵。
サラダなんてのもうまいことでき、
紙をななめに、ろうが溶けて流れる・・・と、固まる・・・が、
絶妙なタイミングでできた、空とぶかえる に 見える絵。

絵の具とはちがう、ぽとっと落ちた色も、立体的なしずくのまま、
ぽこっとまあるく仕上がって、他にない質感で、
なんとも恵まれた体験から生まれた絵・・・・・・
      

         P1000012_convert_20110331170647[1]tokashie


ふだん、ほんとに最近はなにかとアバウトな子育てしかしてない私でして
たま~にコンビニでふと買ってみたPHP出版?の本。
このまえ、吉良の室内プールに家族で行った時、見物組は本でも読んで~

45ページにちょっといいこと書いてありました
(っていうか、自分に到底できそうもない子育て論は、一応読むけどスルー
 だから、他にもいいこと書いてあったと思う(笑) )

~~~ 自然の中で遊び、カンを磨こう ~~~
カンの悪い子が増えているようです。
人工的で、あまりにも整った
生活空間の中では動物的な感覚が鈍るのでしょう。
すばやく危険を回避したり、状況を察知する力は、
生きていくうえで重要です。
カンを磨くため、ぜひ自然の中で、こどもをめいっぱい遊ばせてください。
時間は、こどもを野山で遊ばせるために
積極的に使ってね。。。。。
                  と、こうゆうわけです。
アトリエの教室は手作りなので、戸も真っすぐ長方形ではなくて、
外の机もいい具合に(?)平らじゃないです。
左右対称?均等?
山と自然はいっぱい
教室のよこでボール遊びをしていたら、何回かセーフだったのち、
2回川に水没・・・・・
かえるの卵の集団をみつけて、花がさいて、
もう少し春になったら咲く花のつぼみがあって

そうゆうところだから生まれる作品もきっとあって、
なんのカン?や、感覚かは、わからないけど、
真っすぐとか、平らじゃない、
草木、生き物をしっかり感じれるようなところでの
磨かれるカンや感覚があるんだろうなぁと
読んでいて、まずアトリエのことを思い出しました。

ふたりとも楽しく遊べてよかったね










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shop2007andflow.blog13.fc2.com/tb.php/87-6a0e0319

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 ワッフルさんちの庭 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。